<   2007年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

冬の名物料理

私のドイツ滞在もあと2週間と少しになってしまいました。こちらで生活を始めた当初や、気候のいい夏には、結構頻繁にブログも更新していたのですが、ここんとこすっかりサボり気味になってしまいました。というのも、こちらの冬はクリスマスが終わってからというもの、本当になーんにもやることがないのです。今はちょうどカーニバルの時期ですが、盛り上がっているのはカトリックが多い南の地域だけで、こちら北ドイツはいまいちパッとしません。

そんな「何もない」北ドイツの冬の楽しみは「グリューンコール」という、ドイツでも北部でしか食べられない郷土料理を郊外のレストランに食べに行くことでしょう。しかし、ただ食べに行くのではなくて、それには独特の楽しみ方があるそうです。私も友人と一緒に日曜日に郊外のWehdelという村にあるレストランに行ってきました。

まず、イナカにぽつんと建っているレストランを選んで、10人ほどのグループを作って、街からそこまで「歩いて」行く、ということ。日ごろの運動不足解消と、できるだけ沢山食べられるようにおなかを空かせるという目的だそうです。中には10km以上歩いて行く人もいるようです。ただ歩くだけでなく、シュナップス(トウモロコシから作った蒸留酒)を飲んだり、ゲームをしながら歩いたりと、食べる前から楽しみは始まっているようです。私たちも駅前に車を停めて、2kmほど歩いていきました。

f0050685_23372025.jpg「グリューンコール」とは、ほうれん草とキャベツと春菊を足して3で割るのを忘れたような、ゴワゴワしたヘンな野菜です。真冬になると収穫されて、これを細かく刻んでなべに入れて、ペースト状になるまでグツグツ煮るのです。見た目は「うわっ、何これ?青汁?」とかなり強烈ですが、味のほうは実にまろやかです。


f0050685_2337524.jpg付け合せは奥の右から、茹でソーセージ、ブレーマーピンケル(腸詰)、カッスラー(茹でた豚ロース肉)、そしてジャガイモです。ブレーマーピンケルというのは腸に穀物とラードを詰めて茹でたもので、この辺の独特の料理です。
これまで、やたらと塩辛くて脂っこいドイツ風の味付けにうんざりしていましたが、今日の料理は油も塩分も控えめで、素材の味がそのまま生かされている感じで、かなり美味しかったです。ジャガイモもかなり甘みがあります。ドイツ料理がこんなに美味しいと思ったのは初めてかも…
基本的にグリューンコールはおかわり自由。好きなだけ食べられます(だからわざわざ歩いてお腹を空かすのでしょうか)。ここぞとばかりにガツガツ食べてしまいました。あーお腹苦しいー

そして食後にシュナップスを一杯飲んだ後、再びワイワイ騒ぎながらみんなで街まで歩いて帰ります。おいしい料理で体も心もポカポカ。これなら毎週末食べに行ってもいいかも…

レストランの外では、わんこがご主人様の帰りを待っていました。ドイツのわんこは本当におとなしくてお利口さんです。
f0050685_23381991.jpg

[PR]
by primno_abyssalis | 2007-02-19 23:42