ビール天国ドイツ その1:Becks

ブログを開設して1週間、そういえば飲み食い物ネタが無かったですね。せっかくビールの国に来たんだから、ってことで、これまでに飲んだビールの紹介を始めたいと思います。

ドイツといえばビール、ビールといえばドイツ、とすぐに連想するのですが、ではドイツビールで有名な銘柄は?と訊かれると、あまり思い浮かばないのでは?オランダといえばハイネケン、デンマークといえばカールスバーグ、アイルランドといえばギネス、とすぐに名前が出てくるとのは対照的ですね。

ドイツにはそれこそ星の数ほどビール醸造所があって(1000カ所以上あるそうです)、地方によって様々なタイプのビールが飲まれいるので、「ドイツといえばこれ」と、一つに絞るのはとても困難なのでしょう。それだけ豊かなビール文化が花開いているのですね。

私の住んでいる北ドイツでよく飲まれているタイプは「ピルスナー」。いわゆる日本で飲む「ビール」と同じタイプです。日本のビールには米が含まれていて、少しコクがあるのに対して、こちらのピルスナーはホップの香りを効かせた、ちょっと苦めのタイプが多いようです。

f0050685_0225496.jpgブレーメン州に住んでいるからには、第1回目はやはり「Becks」。輸出量1位のドイツビールなので、日本で見かけることも多いと思います。やはりちょっと苦めですが、すこし甘さも感じられて、結構飲みやすいビールだなという印象です。
[PR]
by primno_abyssalis | 2006-02-04 00:25
<< ビールにはやっぱり… 携帯電話購入 >>