研究所からの風景

昨日はどんより曇り空だったのですが、今日は気持ちよく晴れました。研究所から見た街の景色はこんな感じ。ドイツの街の景色っていうと、古い市庁舎とか、かわいい木組みの家を想像するけど、ここはちょっと殺風景かも。ドイツでも2番目に大きい重要な港なので、第2次大戦では徹底的に破壊されてしまったそうです。そのため古い町並みはほとんど残っていません。右奥の川がウェーザー川。この川を遡るとブレーメン、そして笛吹き男で有名なハーメルンの街があります。

明日の夜は市立劇場f0050685_235926.jpgでUndineというオペラのプレミエ(初日公演)があります。劇場のオーケストラで演奏していらっしゃる日本人音楽家の方にもお会いする予定なので楽しみです。
[PR]
by primno_abyssalis | 2006-01-28 02:07
<< 原語でハイジ ドイツ生活スタート >>