クリスマスマルクト開幕

12月になりましたが、こちらヨーロッパでは記録的な暖かさが続いています。ちなみにブレーマーハーフェンの今日の最低気温が7℃、最高気温が11℃。友人たちは「これは異常気象だ!」って口を揃えて言ってます。

さて、ほとんどの街では昨日からクリスマスマルクトが始まっています。広場や通りに出店が並んで、グリューワイン(オレンジとかシナモンを入れたホットワイン)片手に焼きソーセージなんかを食べるわけですが、こちらブレーマーハーフェンでも始まりました。でもドイツ人の友人たちは「あんなショボいマルクト誰も行かないぞ」と言ってます。

ではどのくらいショボいのか?と思い、昨晩実際に行ってみると、うーん、確かにあまり賑やかとは言えないかも。規模的には札幌の大通り公園でやってる「ミュンヘンクリスマス市」より少し小さい程度でしょうか。でも劇場前の広場にはスロープが備え付けられていて、子供たちがそりすべりをしていました。
きっと他の街のマルクトはもっと賑やかで楽しいでしょうね。是非とも行ってみたいところですが、来週半ばに一時帰国してしまうので、しばしこちらの「ショボい」マルクトを楽しむことにします。
[PR]
by primno_abyssalis | 2006-12-03 02:03
<< ブレーメンのマルクト 気分はクリスマス >>